ヤギのPSplusフリプと積みゲー感想日記

PSplus会員に配信されるフリプとその合間でプレイする積みゲーの感想をだらだら投稿するだけ

【積みゲー浄化】Hidden Agenda -死刑執行まで48時間-【プレイ後の感想】

f:id:TERUYAGI:20171207222825j:plain
『Hidden Agenda -死刑執行まで48時間-』をクリアしました。
プレイ時間は約15時間程でトロコンも達成済。

 

1. 概要

開発 対応機器
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント PS4
ジャンル PS STORE リンク
アドベンチャー Hidden Agenda -死刑執行まで48時間-

 

2. あらすじ

『Hidden Agenda -死刑執行まで48時間-』は、プレイヤーの行動や選択によってストーリーが展開し、結末が変化する新作サスペンスアドベンチャーゲーム

犠牲者の遺体に罠を仕掛け、第一発見者までも狙うという極めて残忍な手口で殺人を行う「トラッパー」連続猟奇殺人事件。
容疑者逮捕で事件は解決したと思われたが、死刑が執行される2日前、容疑者が新たな供述をはじめる…。
果たしてあなたはこの事件の真相を暴き、真犯人に迫ることができるだろうか?
-公式HPより引用-

 

3. プレイ後の感想やら色々

本作は通常のゲームとは異なり、スマートフォンなどのモバイルデバイスにて操作を行う「PlayLink」に対応しています。準備は簡単。対応アプリをインストールし、PS4と同じネットワークに接続するのみ。

私がプレイした際はiPhone7を使用しましたが、操作は快適、ラグも全く感じません。
ただし、逆に通常のコントローラーでは操作不可であるため、後述する対戦モードを友人とプレイする際は各端末にアプリをインストールする必要あり。

モバイル側の画面。操作画面とルール参照画面になります。
f:id:TERUYAGI:20171207231110j:plain  f:id:TERUYAGI:20171207234536j:plain

3.2 指先ひとつで紡ぐストーリー

 プレイヤーの行動一つ一つがその先の物語に影響を与えるため、事件を解決すべく、自分の手で一つの映画を完成させていきます。主に操作するパターンは以下の3つ。

1.選択

2つの選択肢から1つを選択します。実際の操作は画面をスワイプし、ポインターを四角と重なるように移動します。一部は時間制限あり。
f:id:TERUYAGI:20171207234013j:plain


四角が1つの場合も。このケースでは拳銃を撃つか否かを時間内に決める必要があります。必ずしも選択することが正しいわけではありません。
f:id:TERUYAGI:20171207234051j:plain


2.リアクション
基本は『選択』と一緒ですが、こちらは必ず時間制限があります。
f:id:TERUYAGI:20171207232241j:plain

3.捜査
画面内から事件の真相に関わる証拠を見つけます。時間内に全てを発見するのはそう簡単ではありません。
f:id:TERUYAGI:20171207234417j:plain


モバイル側で登場人物にまつわる話を確認し、途中でストーリーを振り返ることも。
f:id:TERUYAGI:20171207234525j:plain

3.3 対戦モードは予想と違った・・・

本作では『ストーリーモード』と『対戦モード』の2つのモードが用意されており、それぞれで異なる楽しみ方があります。

『対戦モード』とはなんぞや、と首をかしげる方もいるかと思いますが、簡潔にまとめると『自分のモバイル画面にのみ映る【秘密の指令】を達成していくことで、ポイントをより多く稼いだプレイヤーが勝利』というもの。【秘密の指令】とは、例えば『Aが逮捕される』と自分の画面に出た場合は、人物Aが警察に逮捕されるよう行動を選択していくことになります。

モバイルにはこんな感じで映ります。
f:id:TERUYAGI:20171208000915j:plain


もちろん当事者以外は誰にどのような指令が与えられたかはわからないため、他プレイヤーの様子や発言に注意しながら物語を進めていく必要があります。
※ミッションが発生したタイミングはメイン画面で全員に通知あり

恐らく友達同士で相談、時には互いを疑いながら駆け引きのある中でゲームをプレイするのが楽しいと思うのですが、個人的に納得できない点が一つ。

それは対戦モードといえど『物語の展開が通常のストーリーモードと一緒』ということです。

トロフィー回収のためスマホタブレットを用いて対戦モードを開始してみたのですが、シーンは全てストーリーモードで一度体験した物語。気付いていないだけで多少は異なる点はあったのかもしれませんが、基本の流れは一緒。つまり対戦モードを何度もプレイする = 何度も同じ映画を鑑賞することに近しいことになります。

マルチエンディングであるため選択肢により結末は変わりますが、ストーリーモードでトロフィーを集めた時点で既に6回程エンディングを見ていたため、対戦モードをプレイした際のがっかり感はなかなかのものでした。

なんとなくですが、モバイルを使用した人狼ゲームみたいなものをイメージしていました。

 

3.4 対戦モードのトロフィーについて

私はiPhone × タブレットの2台持ちでトロコンできました。ちなみどちらも同一アカウントで操作した場合、取得条件を満たすのはどちらでも問題ありません。

 

4. 管理人オススメ度

◆良い点
・『Until Dawn -惨劇の山荘-』の開発チームが手掛けているだけありグラフィックは綺麗
・モバイル操作がスムーズ
・ストーリーはシンプルかつ引き込まれる

◆悪い点
・トロフィー回収のために何度も同じシーンをプレイしていると飽きが早い
・対戦モード・・・

◆総合評価
10段階中8とします。
※あくまで私個人の感想です



私の積みゲー一覧やフリプオススメ度はこちらに載せていますので良かったらどうぞ。
※もうプレイすることはないだろうと判断したものは随時削除しています。

psplusfreeplay.hatenablog.com